日常生活をアクティブに過ごすとダイエット効果があります。活動的な生活を送れば、エネルギーの消費が多くなって、脂肪が燃えやすくなるんです。
トップページ
 
朝のダイエット習慣
 
 
 
昼のダイエット習慣
 
 
 
夕方のダイエット習慣
 
 
 
夜のダイエット習慣
 
 
寝る前のダイエット習慣
 
 
 
 
 
ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

 
昼のダイエット習慣

1.正しい姿勢  / 2.ポジティブでいこう / 3.昼食ダイエットメニュー

生活習慣の大切さ 毎日の日課 レッツ・ポジティブ!

朝のダイエット習慣

2.ポジティブでいこう

レッツ・ポジティブ!

前のページでも説明してきたとおり、ダイエットするなら、日常生活はなるべく活動的に過ごしたほうがいいです。これは私が言ってるだけじゃなくって、ダイエットの指導者の人も、必ず言うみたいですよ。

活動的な生活を送れば、エネルギーの消費が多くなって、脂肪が燃えやすくなりますよね。

それに活動時は交感神経が活発になってるので、脂肪燃焼の効率が高まるんです。

一般的に太ってる人は活動量が少ない傾向があるみたいです。これは精神的な問題もありますね。

積極性の無さが身体活動量の低下につながって、それが脂肪蓄積のスパイラルにつながる、と。太れば太るほど行動が鈍く動くことも少なくなって、どんどんお尻が重くなってしまいます。

それに対してフットワークが軽い人っていますよね。こういう人って、生活の中でエネルギーを消費するから体脂肪がどんどん燃えます。『消極的な生活』を『活動的な生活』に変化させて、まわりからは『尻が重い』ではなく『腰が軽い』という印象をもたれるぐらいの気持ちでいきましょう。

ダイエットにとっては、日ごろの自分の行動形態についても、意識的に変えていくことが重要なのである。

  • 消極的を活動的に変える消極的な生活
     尻が重い・・・消費エネルギーは低い・・・脂肪蓄積
  • 活動的な生活
     腰が軽い・・・消費エネルギーは高い・・・脂肪燃焼

ダイエット生活は、知識や考え方を理解することも大切なこと。

でもそれだけじゃ、これまでずっと体脂肪を蓄積させてきた生活形態を直すことはむずかしいと思います。もっと具体的に、行動を起こしていくといいですよ。

たとえば、日常生活で歩いた量を、生活活動量として万歩計で計ってみる。数字が出ると「今日はこんだけ歩いた」「もっとがんばろう!」ってやる気も出てくるから、試してみてね。

ダイエットの要、お昼ごはんの食べ方は次のページ。

 
 
毎日の日課