ダイエットウォーキングは正しい姿勢で。背筋を伸ばすことを意識するので、体の中心を支えるインナーマッスルが強化され、エネルギーの消費があがります。
トップページ
 
朝のダイエット習慣
 
 
 
昼のダイエット習慣
 
 
 
夕方のダイエット習慣
 
 
 
夜のダイエット習慣
 
 
寝る前のダイエット習慣
 
 
 
 
 
ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

 
夕方のダイエット習慣

朝のダイエット習慣

1.たくさん歩こう

ダイエット・ウォーク

実際に歩くときに大切なのが内足重心です。これは『正しい姿勢』のところでもちょっととりあげましたね。覚えてますか?

これは言い方を変えると、足の内側、親指に意識をして歩くということです。逆に外足重心になってしまうと、O脚や骨盤の広がりなどの体のゆがみの原因にもなっちゃいます。

そのまま肥満体質へと発展してしまうおそれありですね。ほかにも外足重心になると、脚の外側の筋肉が強化され太くなり、腰の位置が低く見えてしまうんですよ。これはキレイな歩き方とか、美しい体型とかの目標と逆行してますね。

内足重心で一直線に上を向いて歩くようにすると、キレイに歩けます。頭の位置は高く、胸を張って、パワフルでキレイな歩き方をしましょう。

背筋を伸ばすことを意識するので、体の中心を支えるインナーマッスルが強化され、エネルギーの消費があがります。背中を丸めてポツポツ…と小さく歩いてると、筋肉も鍛えられないし、エネルギー消費も少なくなります。

歩く時は常に、このダイエット・ウォークで!

通勤時にも、エレベーターやエスカレーターはなるべく避けて、階段を使いましょう。骨盤を支える大腰筋が強化されます。

街角のショーウィンドウとか、鏡やガラスがあったなら、モデルになったつもりで、必ず自分の歩きをチェックしてみて。『人に見られてる意識』でかっこよく歩いて、キレイを目指しましょう。

    ●ダイエット・ウォークのポイント
  • スニーカーで歩く
  • 大股でダイナミックにスピーディーに歩く
  • 内足重心を心がけて、一直線上を歩く
  • 頭の位置を高く、背筋を伸ばし、胸を張って歩く
  • パワフルで綺麗な歩き方を人に見せるぐらいの意識で歩く

 

次はちょっと本格派、もっとやせるエクササイズ・ウォークに挑戦してみましょう!

 
 
ウォーキングの準備