体内水分の循環がよくなると、細胞内の水分も新鮮になって、細胞の老化予防、脂肪燃焼の効率アップ、セルライト防止…と様々なダイエット効果が期待できます。
トップページ
 
朝のダイエット習慣
 
 
 
昼のダイエット習慣
 
 
 
夕方のダイエット習慣
 
 
 
夜のダイエット習慣
 
 
寝る前のダイエット習慣
 
 
 
 
 
ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

 
夕方のダイエット習慣

朝のダイエット習慣

1.ダイエット中の食事

何を飲むのか?

次に摂取する水分ですけど、基本的には水がベストです。男性のかたとか、冷え症じゃない人は冷水がいいですね。

健康体なら、冷めたい物がダイエットにとっては理想的です。冷水で冷えると、体は体温を上げようとするので、エネルギーが使われます。

でも冷え体質の人は、体温を上げる力が不足しているので、冷たい水の過剰摂取は、冷え性の悪化になるので注意しましょう。
ダイエット期間は、とくに冷え性じゃない女性でも、冷水は避けたほうがブナンかもです。

特に夜は活動量が少なくなって代謝も落ちるので、冷たいものの摂取は控えたほうがいいと思います。冷え性の方なら60〜70℃程度のお湯がオススメです。


長期ダイエットだったら、飲み物が水しかないっていうのは、くじけそうになるかもしれません。でも短期ダイエットなら、体質改善のためにも、がんばってみてください。

人間の体は60%以上が水分ですが、これが質の良い新鮮なものになれば、体質改善効果はとても高いんです。

プレーンな水、中でも水の分子(クラスター)の小さいものは、体にしっかり吸収されて排泄もスムーズです。水道水は分子が大きい上に、塩素やトリハロメタン等の有害成分も含まれています。健康ダイエットには分子が小さくて循環のよいミネラルウォーターが向いています。それにどうせ水しか飲めないなら、おいしい水のほうがいいですよね。

体内水分の循環がよくなると、細胞内の水分も新鮮になって、細胞の老化予防、脂肪燃焼の効率アップ、セルライト防止…と様々な効果が期待できます。

あ、そうそう。短期ダイエットの期間はアルコールとソフトドリンクは厳禁ですよ。コーヒーや果汁100のジュースなんかも回数を制限してください。もちろん飲み物カロリーも、カロリー計算に含めなくっちゃ。

あなたは一日何食ですか? 次のページはやせるための食事回数のひみつ!

 
 
ダイエット食の基本