ダイエットには有酸素運動。でも激しい有酸素運動は、長時間やるのはとっても大変です。つまり、脂肪燃焼が目的だったら、無理のない運動を長くやるのがベストですね。
トップページ
 
朝のダイエット習慣
 
 
 
昼のダイエット習慣
 
 
 
夕方のダイエット習慣
 
 
 
夜のダイエット習慣
 
 
寝る前のダイエット習慣
 
 
 
 
 
ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

 
夕方のダイエット習慣

朝のダイエット習慣

2.スポーツをしよう

有酸素運動とは?

会社帰りに歩くだけでも運動にはなりますけど、どうせならもっと運動すればさらに効率的ですよ。帰り道にスポーツクラブがあったら、入会してみてはいかが? スポーツクラブでは、脂肪燃焼に効く有酸素運動がいろいろできます。

有酸素運動。ダイエットに欠かせない運動ですね。ウォーキング、ランニング、スイミング、エアロビクスダンス、長く続く球技など、長時間やる運動のことです。

有酸素運動は、呼吸器系、つまり心臓や肺に負荷をかける運動で、3つの効果があります。

  1. カロリー消費と脂肪燃焼
  2. 心肺持久力の向上
  3. ストレス発散

ひとつ目の『カロリー消費と脂肪燃焼』は説明不要ですね。二つ目は『心肺持久力の向上』。走るとハアハア、ドキドキして心臓と肺が活発になりますね。これは心肺機能が鍛えられているからです。

三つ目はちょっと説明が必要ですね。走ると苦しくなります。私たちの体は、苦しくなったときに、それを和らげる物質、エンドルフィンが脳から全身に回るようになっています。これによって、ストレスが発散されるんですね。

効果は、有酸素運動の強度、運動のつらさによって変わってきます。持久力の向上だったら比較的強めの運動、脂肪燃焼なら弱めの運動を長く、ストレス発散だったら強度よりも時間重視、30分以上ってところかな。

    ●有酸素運動の効果
  • 心肺持久力の向上・・・比較的強度の高い運動(短時間)
  • 脂肪燃焼効果・・・・・・・比較的強度の低い運動(長時間)
  • ストレス発散効果・・・・運動強度ではなく長時間の運動

激しい有酸素運動は、長時間やるのはとっても大変です。つまり、脂肪燃焼が目的だったら、無理のない運動を長くやるのがベストってことですね。

 
 
すき間時間に歩く