ダイエットしててもカロリーを計算して栄養のバランスをとるために、こんな食品を摂りましょう。大豆製品、りんご、海藻、ヨーグルト、卵の『ダイエット最適5食品』です。
トップページ
 
朝のダイエット習慣
 
 
 
昼のダイエット習慣
 
 
 
夕方のダイエット習慣
 
 
 
夜のダイエット習慣
 
 
寝る前のダイエット習慣
 
 
 
 
 
ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

 
朝のダイエット習慣

朝のダイエット習慣

1.朝食ダイエットメニュー

ダイエット推薦食品

ダイエット中は食の量が制限されるので、栄養のバランスをとるためにも積極的にとりたい食品がいくつかあります。それが、大豆製品、りんご、海藻、ヨーグルト、卵の『ダイエット最適5食品』です。

大豆製品は、体をつくる良質なたんぱく質で、大豆イソフラボンが女性ホルモンと似たような働きをするので、自律神経やホルモンバランスを整えてくれるんですよ。

中でもダイエット効果が高いのは豆乳。大豆ペプチドが交感神経を刺激して、脂肪を燃やしてくれます。また、大豆サポニンが小腸のせん毛を収縮させ、エネルギー吸収力を低下させます。

りんごはビタミンやミネラルが豊富なうえ、有機酸、酵素類、ポリフェノール、腸内善玉菌を増やすオリゴ糖まで含まれる、最強の果実です。身体を温める作用や整腸作用もあるので、ダイエットの強い味方です。

海藻はビタミンとミネラルが抱負で、コレステロール値を下げ、血液をサラサラにします。含まれているヨウ素は、体内の代謝に関与し、脂肪燃焼効果も期待できる食材です。

ヨーグルトは、乳酸菌や良質のたんぱく質、カルシウム、ビタミン、そして乳糖が含まれています。乳酸菌や乳糖は、腸を刺激して、お通じを良くしてくれます。また善玉菌のエサとなって、悪玉菌の増殖を抑えてくれます。乳性カルシウムも脂肪燃焼を促進するそうですよ。

は色んな栄養素やたんぱく質がバランスよくはいってます。

次はのんちゃん秘密のダイエットレシピ!

 
 
ダイエット食生活