朝食をしっかり摂るのは健康ダイエットの基本。メニューは卵がおすすめ。卵はアミノバランスが良く、高たんぱく質食品のひとつです。
トップページ
 
朝のダイエット習慣
 
 
 
昼のダイエット習慣
 
 
 
夕方のダイエット習慣
 
 
 
夜のダイエット習慣
 
 
寝る前のダイエット習慣
 
 
 
 
 
ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

 
朝のダイエット習慣

朝のダイエット習慣

1.朝食ダイエットメニュー

朝食メニュー

それじゃ実際に朝食をどのように食べればいいと思います?

朝は前日の夜からエネルギーが体内に入っていないので、代謝は悪く、体温も低くなっています。ここで朝食を取らなければ、お昼までずっと代謝は悪いまま。脳への栄養も滞って、午前中はボーツとした状態が続くことになります。これは午前中の仕事や授業にとっても、ダイエットにとってもいいことじゃありませんよね。

朝食をとって代謝と体温を上げて、エネルギー燃焼モードのスイッチを入れましょう。

朝食は冷えた体温を上げるという役目もあるので、身体を冷やす食物は避けておきましょう。また、朝は内臓のはたらきも停滞しているので、胃腸に負担をかけない消化の良いものを選びたいですね。すると、玄米がゆ、具だくさんの野菜スープ、味噌汁とかの、身体が温まるものがおすすめです。

それと習慣にしてほしいのが『朝の卵』。
卵はアミノバランスが良く、高たんぱく質食材のひとつです。たんぱく質は消化吸収の過程で多くの熱をつくります。だから冷え性にもいいんですよ。

おかゆやスープ、味噌汁に入れてもいいですし、ゆで卵でもいいんですけど、最も消化吸収がいいのは半熟です。

もし卵アレルギーや卵嫌いだったら、卵の替わりに大豆食品がいいですね。たとえば朝の豆腐の味噌汁はダイエットにとって最適ですよ。時間がどうしてもなかったり、食欲がなかったりするんだったら、あったかいココア豆乳もいいと思います。豆乳のたんぱく質とココアのポリフェノールが健康ダイエットに適してます。短期ダイエットの場合、朝食の目安は200〜300kcalってところですね。

それじゃ朝ごはんを食べたら、元気にいってきまぁ〜〜す!

 
 
1日の摂取カロリー