ダイエット生活に疲労を残さないために、適度な睡眠時間は? 統計では7時間のグループでが、一番死亡率が低かったそうです。
トップページ
 
朝のダイエット習慣
 
 
 
昼のダイエット習慣
 
 
 
夕方のダイエット習慣
 
 
 
夜のダイエット習慣
 
 
寝る前のダイエット習慣
 
 
 
 
 
ダイエットを楽しむ24時間習慣ダイエット

 
寝る前のダイエット習慣

1.リラックスしよう  / 2.ダイエット日記 / 3.ダイエット中の睡眠方法 

睡眠方法を工夫する 眠りの深さ 眠りの長さ 眠りのタイミング 

朝のダイエット習慣

2.ダイエット中の睡眠方法

眠りの長さ

睡眠時間、長さは日中のその人の活動状況にもよりますけど、朝起きたときに疲労感がなければいいですよね。

疲労感が残る理由はいくつかあります。活動がハードなとき、睡眠の質が悪いとき、体調不良のとき、なんかですね。なので、睡眠の長さだけの問題ではないことを言っておきます。

理想の睡眠時間については色んな説がありますけど、健康という観点から考えると7時間が理想とされています。

文部科学省助成の調査(40歳から79歳の男女約10万人を対象)によると、最も多かった睡眠時間は、男性8時間、女性7時間で、平均は男性7.5時間、女性7.1時間でした。

中でも死亡率が最も低かったのは、男女とも睡眠時間が7時間と答えたグループで、睡眠は長すぎても短くても死亡率は高かったんです。アメリカの調査でも同様の結果が出てますし、よい睡眠時間のひとつの目安としては、現段階では7時間が有力といえそうですね。


 
 
眠りの深さ